旦那の夜の仕事、意味あった?

結婚し、お互いにその職種のまま生活を続けています。私は看護師、主人は飲食店です。関係の無い仕事に見えますが、実はどちらも夜稼ぎやすい職種なのです。子どもが産まれ、当然どちらかが夜家にいないといけません。私も夜働きたいと言う事を何度も何度も訴え続けましたが、その願いは叶い入れられずに7年程経ちます。
こんなにも稼ぐ事にこだわるには訳があります。それは完全に財布が別なのです。もし離婚をする事になっても財産分与は行わずに自身の財布だけを持って別れるつもりでいます。それならば、私もしっかり稼ぎたいしキャリアを積みたいと思うには当然の事です。
何度も訴えましたが、のらりくらり、又私を罵る様に夜の仕事を譲ってはくれませんでした。
少しは私の犠牲の元、夜働いている意識を持っていて欲しいと思っています。
そして、悲しい事にこの7年間で主人が貯めたお金はたったの200万円だったのです。昼と夜の経営合わせて7年間でたったの200万円です。生活費は完全に折半で半分は私が払っています。家の事を持ち出すなら、家は私名義で購入して私だけがお金を払っています。
フル日勤だけで働いて、私は2000万円程の貯金があります。結婚してからなら、家の為の頭金を払っても尚余裕で200万円の数倍稼いでいるのです。
もし夜勤が出来ていたなら、もっと稼ぐ事は出来ていました。勿論、7年で200万円と言うしみったれた金額ではありません。
私は自身のキャリアを犠牲にして、残ったのは7年間でたったの彼の貯金、200万円だと知った時には時間と労力の無駄だなと落胆しました。経営者なら、彼が不安定な飲食店で働くのか、安定している私が看護師として夜勤をするのか、どちらが経済的か直ぐに考え付くはずなのにと思ってしまいます。
大きく化ける店でも無いのに、そんなに必死になって働かなくても主夫でも、完璧にこなしてくれたら良かったのにと思っています。
トイレ リフォーム 価格 兵庫県